足の臭いの原因は?

足の臭いの原因は、汗が雑菌に分解されるときに発生するガスなのです。

靴を脱いだら靴下が湿っている ということがよくありませんか?

足裏の汗腺はかなり密集しています。
でもここから出た汗は99%以上が水分でほとんど臭いません。

じゃー何が臭いの原因なんでしょうか?

バクテリアって聞いたことありませんか?

足裏に生息するバクテリアという細菌(皮膚常在菌)が臭いの正体なのです。

は靴下と靴に囲まれて水分が蒸発しにくい状態ですね。

当然、のまわりは湿気っぽくなりますよね。

バクテリアはこの湿気た環境が大好きで、
湿気が多いと、バクテリアが繁殖しやすいのです。
さらに、の裏からはがれ落ちた角質を栄養分として繁殖していきます。

このバクテリアは、汗を分解するのですが、そのとき臭いを発生します。

そこに皮脂腺からの分泌物が混ざると、、、、
あの臭いになります。

つまり、臭いの原因は、バクテリアが汗を分解するときに発生する臭いだったのです。

1日中靴を履いていれば、はムレ、靴の臭いも混ざり合うので、誰でも多少は臭います。

その臭いを抑えるために、いろんな方法なり、グッズを紹介していきます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17698363

足の臭い
Excerpt: お手軽で結構効果的です。
Weblog: 体臭の予防と対策!!
Tracked: 2007-05-22 15:18

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。